男の臭い.comは、男性の加齢臭体臭口臭等の臭いの悩みを解決するため、その原因予防対策方法をご紹介しています。

おならの臭いの原因と予防対策

■おならの臭いの原因・対策について

おならの成分は、約70%が窒素、炭酸ガス、水素、メタン、酸素で構成された空気。これは主に食事をする時にいっしょに口から入ったものだ。残りのうち20%ほどは、体内を流れる血液中のガスが、腸壁を通じて腸に出てきたもの。最後の10%程度を占めるのは、大腸〜結腸で食べ物カスが細菌によって分解されて発生するガスである。おならの強い臭いの元はここに含まれる、硫化水素やインドール、スカトールといった成分だ。

大腸で分解される食べ物カスは、イモや豆など、植物に由来するものと、肉などの動物性たんぱく質に由来するものがある。中でも特に動物性たんぱく質による腐敗型のガスに含まれるものは、おならの臭いを非常に強くする。食事が肉食傾向だったり、胃腸の機能が弱っていたり、あるいは腸内に悪玉菌が増えるとおなら臭は強くなる。また、硫黄分が多いニンニク、玉ねぎなどを過剰に食べたときも、一時的に臭くなる。

このように、食生活の内容の影響が強いおなら臭。菜食傾向といわれる私たち日本人は、欧米人とは違った、ぬかみそのような臭いの傾向があるという。臭いが気になるのであれば、食生活の内容をまず見直してみよう。

ところで、臭いとともに悩みとなるのが音。おならとなるガスは、消化器の最後の砦である肛門括約筋によってせき止められている。しかしガスの量が多くなると括約筋はしまっていられず瞬間的にガスを吹き出してしまう。この吹き出る音が、おならの音なのである。

>>おならの臭い予防対策グッズ:錠剤

おならの臭い