男の臭い.comは、男性の加齢臭体臭口臭等の臭いの悩みを解決するため、その原因予防対策方法をご紹介しています。

便臭の原因と予防対策

■便臭の原因・対策について

便が臭くなる原因は、咀嚼不足、ストレス、腸の汚れの三つ

便が臭くなる、つまり腐敗が進行する三つの主な原因を次にあげてみましょう。

咀嚼不足
咀嚼不足、つまり食べ物をよくかまずに飲み込んでしまうこと、これが臭い便への第一歩です。食べ物はきちんと消化されてこそ吸収がうまくいくのです。未消化の食物が体内に入ると、腐敗の材料にしかなりません。しっかり消化させるには、よくかむこと。唾液に含まれるアミラ ーゼやリバーゼなどの酵素は、消化を促進するだけでなく、口内の雑菌を殺し口腔ケアにも役立ちます。

ストレス
便が臭くなる第2の原因は、ストレスです。胃へ送られた食べ物は、強力な酵素ペプシンによって 消化されますが、ストレスを感じると、このペプシンがうまく分泌されないようになります。食べ物が胃に入ったのに充分分泌されないかと思えば、空腹時にどんどん 分泌されるなどして、胃の調子が悪くなってしまいます。また、ストレスは小腸の働きにもブレーキをかけ、腸の嬬動(ぜんどう)運動を抑えてしまいます。そのため腸に入った食べ物がうまく流れてい かずに腸内に停滞し、その結果、便秘となって腐敗が進み、ますます悪臭が強くなるのです。

腸の汚れ
第3の原因は、腸の汚れです。健康な大腸にも細菌は住み着いていますが、人体に欠かせない善玉菌(ビフィズス菌など)が、人体に有害な悪玉菌(ウェルシュ菌や大腸菌など)の繁殖を抑え、腸内細菌のバランスを整えてくれます。しかし、善玉菌が減少すると悪 玉菌が増殖し未消化の内容物を分解して有害物質を作りだし、それが便の悪臭となります。腸の汚れは便を臭くするだけでなく、血圧を変動させたり、白血球の働きを 妨げるなど大きな影響を与えます。とくに、40歳代を過ぎたころから、腸の汚れは一段と進みやすくなります。便のニオイは健康のバロメーターでもあるので、「最近、臭くなったな」と思ったら、生活環境や食事のしかたを振り返ってみましょう。

>>便臭予防対策グッズ:錠剤・サプリメント

便臭